化粧品、ダイエット、美容整形などの歴史や情報がいっぱいです。女性に役立つ情報を紹介します!!

TOP > ファンデーションの歴史

ファンデーションの歴史

ファンデーションの歴史はいつから始まり、どう変わっていったのかをここでは紹介します。

ファンデーションの歴史は古く、 古代ローマやギリシャ人の間で使われたのが始まりだと 考えられています。
その当時は、肌を白く見せるために毒性の強い鉛白やショークから作った白粉をぬっていて、中世やルネサンス時代では、白い肌は特権階級のシンボルとして考えられていたので、女性達は鉛白を塗って顔を白くみせていたそうです。
今から考えると、そんな肌に悪いものを塗っていたと思うと信じられません。
そんな白い肌への憧れが消え、ダークな肌が流行した時代もあります。それは、ペストが大流行した17世紀の英国、チャールズ2世の時代です。
この時代の女性達は、家にこもるようになり、青白い肌を隠すためにダークなファンデーションをつけていたそうです。
でも、18世紀後半から19世紀初頭にはまた、白粉が流行になりました。
日本でも昔の女性達は、鉛白の白粉で顔を真っ白に塗っていたのですが、鉛白は毒性が強く、胃腸病や脳病、神経麻痺などにかかる恐れがあるため、1934年に鉛白を使用した白粉は製造禁止になりました。しかし、使用禁止にも関わらず、鉛白はお肌をキレイに見せてくれるからといって使い続ける女性も多かったそうです。
そして、白粉の流行を変えたのは、1914年にマックスファクターが紹介した、今のようなケーキタイプのファンデーションです。
それからは、より自然な肌の色にあうように、いろいろな色や種類のファンデーションが作られ、もっと効果的で肌に良い成分のファンデーションが発売されるようになりました。

こうした歴史を持つファンデーションは今、いろいろなタイプのものが生まれました。そして、これからもどんどん進化していくことでしょう。

コンテンツ

美を高めるブログ

PR

[PR] 仙台でインプラントするなら村上歯科医院に相談
仙台市若林区にある歯科医院、村上歯科医院
[PR] ダイビングならAQROSで全部揃います!
激安でダイビング器材を揃えるならこのショップが一番!


Copyright © 2010 美の歴史. All Rights Reserved.